独立開業を目指すあなたへ。成功のヒントは「結婚」にあり!

独立開業のメリット・デメリット

独立開業成功への道 TOP>独立開業について>独立開業のメリット・デメリット

独立開業のメリット

やりがいのある仕事

独立開業の最大のメリットは、「自分がやりたいことをやりたいスタイルでできる」ことでしょう。ペットショップや美容室、農業まで何でも思い通りにすることができます。自分自身の判断で業種を選択できるので、やりがいも自然に沸いてきます。

収入を増やすことも可能

独立開業すれば、創意工夫を重ねることで新しいものを創出できます。やり方次第では、会社勤めでは得られないような大きな収入を得ることも可能なのです。

労働時間の自由度が高い

独立開業をすれば、労働時間に関しても自分自身の判断で思い通りにすることができます。自分が働きやすい時間に、働きたいだけ働くことができるのは大きなメリットであると言えるでしょう。仕事をしながらも、家族との時間や趣味の時間を大切にすることが可能になります。

社長の地位

独立起業をするということは、そのまま「社長になる」ということ。企業のトップになるのですから、上司の顔色をうかがうような必要もありません。

独立開業のデメリット

独立起業をすることによって得られるメリットは大きなものですが、決してデメリットがないわけではありません。

費用が必要

会社設立のための費用はもちろん、会社を維持するための費用などがかかります。

責任が大きい

独立開業して社長になり、従業員を雇用すれば、もちろん従業員のことも考えて経営をしていかねばなりません。従業員の生活が掛かっているという責任を負うことになります。

生活・収入が不安定

企業のトップになることで、自分が働いた成果が直接自分の生活に反映されるようになります。つまり働かなかった場合、もしくは商品が売れなかった場合は収入がまったくないということも考えられるのです。

失敗しない独立開業のためには、デメリットをできるだけ小さく抑えることが重要です。
つまり、
・開業資金(初期費用)やランニングコストをできるだけ抑えること
・始めは1人でも運営ができるなど、身軽に起業できること
・売上ロイヤリティや仕入れ・在庫などに圧迫されない、粗利率の高いビジネスモデルを選ぶこと
の3つが、独立開業成功の一つのポイントともいえるでしょう。

⇒ 独立開業についてのご相談はこちら