独立開業を目指すあなたへ。成功のヒントは「結婚」にあり!

独立開業の市場

業種を考えよう!

その名の通り、独立して会社や店舗を運営する「独立開業」。社員として勤めるのではなく、自分自身が社長になって経営していくのです。その業種は多種多様。ここでは、独立開業の際に選択できる業種をご紹介します。

飲食業

ラーメン屋・カフェ・居酒屋・菓子店・定食屋など

小売販売

アパレルショップ・雑貨屋・アクセサリーショップ・文具店など

サービス業

エステサロン・マッサージ店・塾など

一般企業

ブライダル業・不動産業・IT通信業など

選択する業種によって運営の方法も店舗も、雇う人員も変化します。どの業種であれ、ある程度の定石や必要費用の相場があるものなので、事前の情報収集とノウハウの蓄積は必須になります。詳しくはこちらのページにて≫お問い合わせ下さい。

業種選びのポイントは?

業種選びは、独立開業が成功するか否かの大きな分岐点となります。自分自身の性格や経験、知識、資金などを総合的に考慮して、最適だと思える業種を選びましょう。

経験を活かす

企業経営には、様々な業務が必要になります。それまでの経験を活かせる業務ならば、成功率は高まるでしょう。また、事業のノウハウを学ぶために、本やインターネット、スクールなどを利用することも重要です。

フランチャイズ加盟

フランチャイズのメリット(経験やノウハウが必要ない、リスクが少ないetc…)とデメリット(多額の資金が必要、価格の変更ができないetc…)を考慮した上で、加盟すべきかどうかを決めておきましょう。

許認可

業種によっては国の許認可が必要なものもあります。その場合は、届け出、許可、免許が必要になりますので調べておきましょう。

個人事業か法人事業か

個人事業を選ぶか法人事業を選ぶかは、事業の性格や将来へのビジョンによって変わるはずです。またどの程度の収益を求めるのかも考慮した上で決めましょう。