独立開業を目指すあなたへ。成功のヒントは「結婚」にあり!

独立開業Q&A

Q1.失敗しない独立開業の方法を教えて下さい。

A1.独立開業をする際は、誰しもいくつかのリスクは覚悟してスタートするものです。しかし、リスクは極力減らしたいものですよね。方法次第でリスクを減らすことはできます。具体的には、自分がやりたい事業や好きな事業、天職と思える事業では独立開業しないということです。自分にとって好きなことは、どうしても最初から大きな投資をしてしまいやすいものです。独立開業のポイントは「お客様の目線に立つ」ことにあり、自分の視点でものを考えてしまうことは失敗のもとになります。

Q2.独立開業に必要な、自己資金の目安を教えて下さい。

A2.新たに事業を始める際には、まず自己資金がどれだけ必要になるのかを把握しておく必要があります。国が行った「新規開業実態調査」によれば、開業資金総額における自己資金の割合は26%となっています。独立してから資金繰りが安定するまでには、どうしても時間がかかるものです。万一に備えて数ヵ月分の経費を貯蓄しておくなど、ゆとりを持った独立開業資金計画を立てましょう。

Q3.会社登記などの方法がよくわかりません・・・

A3.独立開業が初めての方にとっては確かに困難なことです。会社登記その他の手続きは、書類も多く、どれも重要です。自分だけで取り組もうとせず、会社登記を代行する会社や法律事務所で代行してもらいましょう。

Q4.商号が類似していないか知る方法はありますか?また、重複していた場合はどうなるのでしょう?

A4.商号に関する調査は、登記を予定している本店所在地の登記所で調査が可能です。類似商号が予測される場合は、登記官に質問して下さい。もし同一の登記所管内で商号が似ていて、さらに目的がひとつでも重複している場合は登記ができません。前もって商号の候補はいくつか用意しておきましょう。

Q5.できるだけリスクを抑えて独立開業したいのですが、どんな業種を選んだらいいのでしょうか?

A5.独立開業の際の「リスク」は、そのまま「コスト」と言い換えることができるのではないでしょうか。「コストがかからないビジネス」はリスクが低く、「コストの高いビジネス」はリスクも高くなるものです。その意味では、結婚相談所の経営は低いリスクで始めることのできるビジネスであると言えます。

Q6.独立開業するためには、やはり今勤めている会社を辞めるべきでしょうか?

A6.その会社の規約に反しなければ、その必要はありません。時間さえうまくマネジメントすることができれば、今勤めている会社を辞めずに独立開業することも可能です。

Q7.友人と共同出資で独立開業をしたいのですが、問題はあるのでしょうか?

A7.共同出資の場合、もっとも陥りやすいのはお金のトラブルです。それを避けるためにも、最初に詳細な話し合いを行うべきです。その点で不安が少しでもあり、1人でも独立開業が可能であれば、1人で行うことをオススメします。

Q8.独立開業する際に必要になる費用を教えて下さい。

A8.下記に独立開業の際に必要となる費用を挙げます。
  • 1.物件の取得にかかる費用(不動産賃貸借契約金)
  • 2.内外装工事費、備品の購入費用
  • 3.仕入れ費用、人件費、家賃、光熱費、広告宣伝費など当初の運転に必要な費用
収支計画を立てることはもちろんですが、収入が不安定になることも予想しておきましょう。生活費はある程度貯えておく必要があるでしょう。